立地を最大限に活かした海の見える家




外からの視線を配慮しながら、敷地環境を有効に使った
風が通りぬける住まい










すっきりと明るい玄関
正面には家族の手形が飾られ、自然素材の温かみに加え
家族のぬくもりも感じられます




























リビングの天井高を少し上げる事でより広い空間に

また梁を見せる事で、アクセントになり
漆喰の壁をより際立たせています








大きな掃出しの窓からは光が差し込み、
海が眺められる明るいLDK

対面キッチンになっているので
料理をしながらも家族皆で会話を楽しめます









窓の位置や使い勝手を考慮した造作の食器棚
床はコルクタイル仕様で水廻りのお手入れにも気遣っています

























堀コタツのある和室
季節や用途に合わせて使い分けられます

来客時はプレイベートな場所を通らず、
玄関から直接和室へと繋がる動線も考えられています

















手すりを木製格子にする事で圧迫感がなく
明るい廊下になっています
ちょっとした手洗いが2階に設けてあるのも便利です


























広い収納スペース
大きな窓も設ける事で明るく
湿気対策も万全です


Pagetop