ふるさとのために、家造りに留まらない幅広い活動を展開しています。

幅広い活動

山に囲まれ、小川が流れる。平尾工務店がある兵庫県・加東市は、日本の原風景が残っている土地です。私たちはこの地で道路や橋、学校、病院、多くの住まいをつくってきました。

地域に根付いた工務店として恥じない仕事をする―――
その考えから、私たちはQCや環境整備などの多岐にわたる活動に取り組んでいます。中には、「家造りに関係ある?」と思われる活動も少なくありません。

例えば、職業や年齢も異なる人たちと当社の社員が楽しくお話をする「木心住まいセミナー」は、そのひとつでしょう。しかし、こうした活動も私たちの家造りには必要不可欠。多くの人たちの「どんな暮らし方をしたいか」を伺うことで、「どんな家を建てればいいか」が見えてくるからです。

大切なのは、
「理想の暮らし方を叶える住まい」をつくること。

幅広い活動

平尾工務店では、皆様の住まいづくりをお手伝いする際に必ずお伺いすることがあります。「そこでどんな暮らしをしたいと望んでいらっしゃいますか?」

家を建てるとなると、最初に気になるのはご予算でしょう。私たちもまずご予算を伺ってから建坪を決め、間取りプランを考えていました。しかし、ふと思ったのです。「予算よりも前に、もっと聞くことがあるだろう」と。

家は、お客様のライフスタイルに大きな影響を与えるものであり、何代にもわたって受け継がれるものです。だからこそ私たちは、もう一度真摯に「住まい」について考えなければならないと感じています。

これからも家造り好きの設計者として、住まいをつくってまいります。

幅広い活動

私の少年の頃の夢はパイロットでした。でも、今ではこの仕事を天職だと思っています。私は本当に設計の仕事が好きで、古い建築物や古民家に触れるときには、それを建てた人の思いや建物を支えてきた木のすばらしさに胸が震えます。幼いときに祖父と共に木から箸をつくった記憶も、木に傾倒する所以かもしれません。

私は、きっと死ぬまで一生設計者であり続けるでしょう。お客様が望む暮らし方のできる家をつくる――今後もこの思いを心の中でまるで聖火のように燃やしながら、地域の皆様や社員と共に住まいづくりに携わってまいります。

この地に生まれ、この仕事にめぐり逢えたことに感謝しながら。

Pagetop