Ki.Go.Ko.Roブログ

Ki.Go.Ko.Roブログ

窓の配置~換気方法~

設計室 藤本牧子

新型コロナウイルスの猛威の中、どのように日々の生活を過ごすかがとても問われています。
今まで当たり前のようにしていた行動が制限され、とても窮屈な日々になりました。
そんな窮屈な日々から少しでも気分が安らぐ、ホッと出来る空間が必要になったな~と思います。

そこで、感染拡大防止対策のひとつとして、「換気」があります。
オフィスや公共施設では機械を用いた機械換気(空調)をしていますが、自宅にはそこまで予算をかけられない現状があります。
今回は、窓の形ではなく、窓の配置の仕方で、自然の空気の流れで、入れ替わる方法をお伝えします。

 換気に最適な方法として、2方向換気があります。ただ2ヶ所の窓を開けるだけでは風はうまく動かず、空気が淀む場所が生まれます。
窓メーカーの検証によると、風の「入口」「出口」が大切だと。もっとも効率のよい方法は2方向の窓(開口部)を対角で開ける事だそうです。
うまく対角で開けられない場合(窓が1か所しかない場合)は出入口のドアを開け、家全体で風の道をつくる工夫をすると良いようです。

高窓や吹き抜け空間がある場合は、空気の性質を活かして縦方向に窓を開けるのも効果的です。
また扇風機やサーキュレーターを活用し、風を送る事でも空気が動き効果が増しますので、換気の際は、家中の空気が素早く入れ替わる方法で換気をしましょう。


三田モデルハウス


「窓」と言っても形・大きさ・ガラスの種類などたくさんの情報があります。
その中でも使い勝手や価格・性能なども考慮し、商品を選定しておりますが、当社の基本設計では風の通り・採光(日射・遮蔽)・外部との視線など、お施主様のご計画内容に合わせて、「我が家が一番快適な空間で安らげる場所」となるようプレゼンしておりますので、お気軽にご相談ください。新築・リフォームをお考えの皆さまのご自宅が居心地の良い場所となりますように☆


***************************

〇施工事例はこちらからどうぞ

***************************
YouTube公式チャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」ではモデルハウスなどの動画を随時公開中です。
ぜひご覧下さいね。


書いた人設計室 藤本牧子

最近の記事

窓の配置~換気方法~

設計室 藤本牧子

新型コロナウイルスの猛威の中、どのように日々の生活を過ごすかがとても問われています。
今まで当たり前のようにしていた行動が制限され、とても窮屈な日々になりました。
そんな窮屈な日々から少しでも気分が安らぐ、ホッと出来る空間が必要になったな~と思います。

そこで、感染拡大防止対策のひとつとして、「換気」があります。
オフィスや公共施設では機械を用いた機械換気(空調)をしていますが、自宅にはそこまで予算をかけられない現状があります。
今回は、窓の形ではなく、窓の配置の仕方で、自然の空気の流れで、入れ替わる方法をお伝えします。

 換気に最適な方法として、2方向換気があります。ただ2ヶ所の窓を開けるだけでは風はうまく動かず、空気が淀む場所が生まれます。
窓メーカーの検証によると、風の「入口」「出口」が大切だと。もっとも効率のよい方法は2方向の窓(開口部)を対角で開ける事だそうです。
うまく対角で開けられない場合(窓が1か所しかない場合)は出入口のドアを開け、家全体で風の道をつくる工夫をすると良いようです。

高窓や吹き抜け空間がある場合は、空気の性質を活かして縦方向に窓を開けるのも効果的です。
また扇風機やサーキュレーターを活用し、風を送る事でも空気が動き効果が増しますので、換気の際は、家中の空気が素早く入れ替わる方法で換気をしましょう。


三田モデルハウス


「窓」と言っても形・大きさ・ガラスの種類などたくさんの情報があります。
その中でも使い勝手や価格・性能なども考慮し、商品を選定しておりますが、当社の基本設計では風の通り・採光(日射・遮蔽)・外部との視線など、お施主様のご計画内容に合わせて、「我が家が一番快適な空間で安らげる場所」となるようプレゼンしておりますので、お気軽にご相談ください。新築・リフォームをお考えの皆さまのご自宅が居心地の良い場所となりますように☆


***************************

〇施工事例はこちらからどうぞ

***************************
YouTube公式チャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」ではモデルハウスなどの動画を随時公開中です。
ぜひご覧下さいね。


書いた人 設計室 藤本牧子

prev

next

Pagetop
pageside pageside
page top