Ki.Go.Ko.Roブログ

Ki.Go.Ko.Roブログ

【木のすまいプロジェクト】瓦 第十一章「鬼瓦」YouTubeチャンネル更新中

日本の素晴らしい伝統文化が少しずつ失われていくように感じられます。住まいづくりの主要工種について、私達の身近にある建築の文化を記録し紹介していくことで和風建築を未来へ継承していく一助になれば…そんな思いから始動したのがこの「木のすまいプロジェクト」です。

木のすまいプロジェクトの動画はYouTubeで更新しています。

テーマは瓦。

十一章「鬼瓦」では、鬼瓦制作を生業とする鬼師の方から聞く貴重な鬼瓦の話について紹介しています。
鬼瓦とは棟の端部に施工される装飾性の高い役瓦のことで、鬼以外にも動物など様々なモチーフで制作されています。
鬼のモチーフは魔除けの意味合いが強く、強い鬼に家を守ってもらう意味合いが込められているそうです。

その歴史は古く、飛鳥・奈良時代に大陸から伝わってきたもので、仏教の伝来も相まって寺社仏閣などの仏教建築にも広く用いられています。
また、鬼瓦は魔除けの装飾としての役割だけでなく、雨仕舞いの役割もあります。
雨仕舞いとは雨が屋根の中に入ってこないようにするための物で、部材の劣化や雨漏りを防ぐために施工する役割があります。
魔除け以外にも、家の維持に大切な役目を持っていると言えますね。

魔除けの役割のある建築装飾は鬼瓦以外にもシーサーなどがあります。
シーサーは沖縄に伝わる伝説の生き物のことで、厄災を払うという言い伝えから家の屋根や門に置物が置かれていることが多いです。沖縄土産としても有名ですね。
類似の建築装飾に海外ではガーゴイルという彫刻があります。宗教建築の中で用いられ、有名なものではノートルダム大聖堂のガーゴイルの彫刻群があります。
ガーゴイルには特に魔除けの役割はありませんが、元々雨どいとして作られたものだそうです。
このように、似たようなものでも、成り立ちや役割に違いがあります。それを調べてみるのも面白そうですね。

十一章の動画はYouTubeで見ることが出来ます。
是非動画でご覧ください。


★平尾工務店公式YouTubeチャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」では、随時動画を更新しています。

平尾工務店「住まいの情報箱」チャンネルはこちらから


最近の記事

【木のすまいプロジェクト】瓦 第十一章「鬼瓦」YouTubeチャンネル更新中

日本の素晴らしい伝統文化が少しずつ失われていくように感じられます。住まいづくりの主要工種について、私達の身近にある建築の文化を記録し紹介していくことで和風建築を未来へ継承していく一助になれば…そんな思いから始動したのがこの「木のすまいプロジェクト」です。

木のすまいプロジェクトの動画はYouTubeで更新しています。

テーマは瓦。

十一章「鬼瓦」では、鬼瓦制作を生業とする鬼師の方から聞く貴重な鬼瓦の話について紹介しています。
鬼瓦とは棟の端部に施工される装飾性の高い役瓦のことで、鬼以外にも動物など様々なモチーフで制作されています。
鬼のモチーフは魔除けの意味合いが強く、強い鬼に家を守ってもらう意味合いが込められているそうです。

その歴史は古く、飛鳥・奈良時代に大陸から伝わってきたもので、仏教の伝来も相まって寺社仏閣などの仏教建築にも広く用いられています。
また、鬼瓦は魔除けの装飾としての役割だけでなく、雨仕舞いの役割もあります。
雨仕舞いとは雨が屋根の中に入ってこないようにするための物で、部材の劣化や雨漏りを防ぐために施工する役割があります。
魔除け以外にも、家の維持に大切な役目を持っていると言えますね。

魔除けの役割のある建築装飾は鬼瓦以外にもシーサーなどがあります。
シーサーは沖縄に伝わる伝説の生き物のことで、厄災を払うという言い伝えから家の屋根や門に置物が置かれていることが多いです。沖縄土産としても有名ですね。
類似の建築装飾に海外ではガーゴイルという彫刻があります。宗教建築の中で用いられ、有名なものではノートルダム大聖堂のガーゴイルの彫刻群があります。
ガーゴイルには特に魔除けの役割はありませんが、元々雨どいとして作られたものだそうです。
このように、似たようなものでも、成り立ちや役割に違いがあります。それを調べてみるのも面白そうですね。

十一章の動画はYouTubeで見ることが出来ます。
是非動画でご覧ください。


★平尾工務店公式YouTubeチャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」では、随時動画を更新しています。

平尾工務店「住まいの情報箱」チャンネルはこちらから


prev

next

Pagetop
pageside pageside
page top