Ki.Go.Ko.Roブログ

Ki.Go.Ko.Roブログ

【木のすまいプロジェクト】瓦 第七章「乾燥・施釉)」YouTubeチャンネル更新中

日本の素晴らしい伝統文化が少しずつ失われていくように感じられます。住まいづくりの主要工種について、私達の身近にある建築の文化を記録し紹介していくことで和風建築を未来へ継承していく一助になれば…そんな思いから始動したのがこの「木のすまいプロジェクト」です。

木のすまいプロジェクトの動画はYouTubeで更新しています。

今回のテーマは瓦。
三章の解説で、瓦には釉薬をかける「釉薬瓦」と釉薬をかけない「無釉瓦」の二種類があることを話したかと思います。これは粘土を原料とする粘土瓦の話で、粘土以外のものが原料の瓦に関しては、その限りではありません。

今回は原料が粘土以外の瓦の種類についていくつかご紹介したいと思います。

まずは金属瓦。近年ではステンレスやアルミなどが用いられています。他にもチタン製の瓦など、金属の瓦にも様々な種類がありそうです。主流なものにガルバリウム鋼板があります。

次にセメント瓦。文字通り、セメントを原料に作られた瓦のことを指します。セメント瓦のメリットは焼成をする必要が無いため、
製造過程で焼成による割れ・反りなどの不良品を防ぐことが出来る点です。
しかし、10年単位の定期的なメンテナンスが必要である点、耐久性能が低い点、過去にアスベスト問題などがあり、現在の施工数はほとんどないというのも実情です。

最後にスレート瓦。スレート瓦とはセメントと繊維素材を原料に作られた瓦のことを指します。
コロニアルやカラーベストも、このスレート瓦のことを指します。先程のセメント瓦との違いは、セメントだけでなく、繊維素材を使っていることです。
少し割れやすいというデメリットはありますが、軽くて安価であり、今や屋根材の定番です。

このように、粘土瓦以外にも様々な屋根瓦があるのです。

七章では、瓦の乾燥・施釉の作業について紹介しています。
是非ご覧ください。


★平尾工務店公式YouTubeチャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」では、随時動画を更新しています。

平尾工務店「住まいの情報箱」チャンネルはこちらから


最近の記事

【木のすまいプロジェクト】瓦 第七章「乾燥・施釉)」YouTubeチャンネル更新中

日本の素晴らしい伝統文化が少しずつ失われていくように感じられます。住まいづくりの主要工種について、私達の身近にある建築の文化を記録し紹介していくことで和風建築を未来へ継承していく一助になれば…そんな思いから始動したのがこの「木のすまいプロジェクト」です。

木のすまいプロジェクトの動画はYouTubeで更新しています。

今回のテーマは瓦。
三章の解説で、瓦には釉薬をかける「釉薬瓦」と釉薬をかけない「無釉瓦」の二種類があることを話したかと思います。これは粘土を原料とする粘土瓦の話で、粘土以外のものが原料の瓦に関しては、その限りではありません。

今回は原料が粘土以外の瓦の種類についていくつかご紹介したいと思います。

まずは金属瓦。近年ではステンレスやアルミなどが用いられています。他にもチタン製の瓦など、金属の瓦にも様々な種類がありそうです。主流なものにガルバリウム鋼板があります。

次にセメント瓦。文字通り、セメントを原料に作られた瓦のことを指します。セメント瓦のメリットは焼成をする必要が無いため、
製造過程で焼成による割れ・反りなどの不良品を防ぐことが出来る点です。
しかし、10年単位の定期的なメンテナンスが必要である点、耐久性能が低い点、過去にアスベスト問題などがあり、現在の施工数はほとんどないというのも実情です。

最後にスレート瓦。スレート瓦とはセメントと繊維素材を原料に作られた瓦のことを指します。
コロニアルやカラーベストも、このスレート瓦のことを指します。先程のセメント瓦との違いは、セメントだけでなく、繊維素材を使っていることです。
少し割れやすいというデメリットはありますが、軽くて安価であり、今や屋根材の定番です。

このように、粘土瓦以外にも様々な屋根瓦があるのです。

七章では、瓦の乾燥・施釉の作業について紹介しています。
是非ご覧ください。


★平尾工務店公式YouTubeチャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」では、随時動画を更新しています。

平尾工務店「住まいの情報箱」チャンネルはこちらから


prev

next

Pagetop
pageside pageside
page top