Ki.Go.Ko.Roブログ

Ki.Go.Ko.Roブログ

【木のすまいプロジェクト】瓦 第四章「成形(桟瓦工程)」YouTubeチャンネル更新中

日本の素晴らしい伝統文化が少しずつ失われていくように感じられます。住まいづくりの主要工種について、私達の身近にある建築の文化を記録し紹介していくことで和風建築を未来へ継承していく一助になれば…そんな思いから始動したのがこの「木のすまいプロジェクト」です。

木のすまいプロジェクトの動画はYouTubeで更新しています。

今回のテーマは瓦。
第四章「成形(桟瓦工程)」の動画では、桟瓦を作る工程を解説しています。

桟瓦とは、横断面が波型になっている瓦のことを指します。その歴史は江戸時代中期に発明された形状の瓦で、丸い形状が特徴の「丸瓦」と、平たい形状が特徴の「平瓦」を組み合わせた形をしています。
一般的に屋根に使用されることが多く、私達の最も身近な瓦の形状であるかもしれません。

瓦は現在企業努力によって、品質の安定化が図られることにより出来上がりにばらつきの少ない瓦の供給が為されてきました。
しかし、全て規格通りに作ることは難しく、現場での調整が必要になることもあるようです。そのため、特に伝統的な建築物の瓦の施工には高い技術力が必要になってきます。

屋根の瓦葺きは専門の資格を持った瓦葺き職人が行います。
この資格は「かわらぶき技能士」と呼ばれるもので、日本の国家資格である技能検定制度の一種です。
試験は学科試験と実技試験で構成され、1級と2級によって試験内容も異なります。また、かわらぶき技能士を取得すると、瓦屋根診断技士の資格を取ることも出来ます。
瓦屋根診断技士は、瓦屋根に関する専門的な知識を有し、適切な屋根診断をすることが出来る資格のことです。

瓦「屋根」に関する資格だけでもいろいろな種類があります。それほど瓦屋根の世界は奥が深いという事が分かりますね。

瓦についてより詳しく知りたい方は、動画を是非チェックしてみてくださいね。


★平尾工務店公式YouTubeチャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」では、随時動画を更新しています。

平尾工務店「住まいの情報箱」チャンネルはこちらから


最近の記事

【木のすまいプロジェクト】瓦 第四章「成形(桟瓦工程)」YouTubeチャンネル更新中

日本の素晴らしい伝統文化が少しずつ失われていくように感じられます。住まいづくりの主要工種について、私達の身近にある建築の文化を記録し紹介していくことで和風建築を未来へ継承していく一助になれば…そんな思いから始動したのがこの「木のすまいプロジェクト」です。

木のすまいプロジェクトの動画はYouTubeで更新しています。

今回のテーマは瓦。
第四章「成形(桟瓦工程)」の動画では、桟瓦を作る工程を解説しています。

桟瓦とは、横断面が波型になっている瓦のことを指します。その歴史は江戸時代中期に発明された形状の瓦で、丸い形状が特徴の「丸瓦」と、平たい形状が特徴の「平瓦」を組み合わせた形をしています。
一般的に屋根に使用されることが多く、私達の最も身近な瓦の形状であるかもしれません。

瓦は現在企業努力によって、品質の安定化が図られることにより出来上がりにばらつきの少ない瓦の供給が為されてきました。
しかし、全て規格通りに作ることは難しく、現場での調整が必要になることもあるようです。そのため、特に伝統的な建築物の瓦の施工には高い技術力が必要になってきます。

屋根の瓦葺きは専門の資格を持った瓦葺き職人が行います。
この資格は「かわらぶき技能士」と呼ばれるもので、日本の国家資格である技能検定制度の一種です。
試験は学科試験と実技試験で構成され、1級と2級によって試験内容も異なります。また、かわらぶき技能士を取得すると、瓦屋根診断技士の資格を取ることも出来ます。
瓦屋根診断技士は、瓦屋根に関する専門的な知識を有し、適切な屋根診断をすることが出来る資格のことです。

瓦「屋根」に関する資格だけでもいろいろな種類があります。それほど瓦屋根の世界は奥が深いという事が分かりますね。

瓦についてより詳しく知りたい方は、動画を是非チェックしてみてくださいね。


★平尾工務店公式YouTubeチャンネル「平尾工務店 住まいの情報箱」では、随時動画を更新しています。

平尾工務店「住まいの情報箱」チャンネルはこちらから


prev

next

Pagetop
pageside pageside
page top