Ki.Go.Ko.Roブログ

Ki.Go.Ko.Roブログ

ユーチューブ撮影紀行 vol.3 畳制作編【木心通信Vol.129】

総務部 来住亜希子

2月4日、畳制作のユーチューブ撮影のため、弊社が日頃から畳工事でお世話になっている「前田畳製作所」様へ取材に伺いました。
午前は三木市の工場にて「畳の床縫い、表縫い」の制作工程を見学しました。最初に、昔ながらの藁(ワラ)床の畳と、現在多く使われている発砲スチロールを使用した「スタイロ畳」の違いを教えて頂きました。
工場では、床縫いから表縫いまで一連の作業を見学。機械だけでなく、手作業もあり一枚一枚丁寧に制作されていました。最後に畳の縁(へり)を機械で縫い付けて完成です。


午後からは、西宮のギャラリーにて、職人さんの手による畳の「手作り工程」を見学しました。
大きな包丁のような道具で畳床を切り、大きな待ち針、特殊な針と糸を使い、とても厚い畳床を「ぶすっ」と突き刺すように、畳表を縫っていかれます。大きな針で力を入れて縫う作業は大変なことで、熟練の職人さんしか出来ない「匠技」でした。今はほとんど機械作業とのことでした。

このような畳職人さんの数も減り、また畳表の部分(い草)は熊本の八代から仕入れられているそうですが、そちらも高齢化が進み減り続けているそうで、伝統技術の継承には課題も多いと感じました。

畳は調湿効果があり四季がある日本の気候風土に合っています。自然素材のい草にはリラックス効果があり心地よさを提供してくれる素晴らしい日本の文化です。

弊社では、今回のユーチューブプロジェクトを通して日本の伝統的な職人さんの技術、文化をお伝え出来るよう今後も頑張っていきたいと思います。
今回お世話になりました前田社長、スタッフの皆様ありがとうございました。


-関連ページ-

ユーチューブ撮影紀行~紀州木材編~


ユーチューブ撮影紀行~瓦製造工場を見学して~【木心通信Vol.126】


書いた人総務部 来住亜希子

最近の記事

ユーチューブ撮影紀行 vol.3 畳制作編【木心通信Vol.129】

総務部 来住亜希子

2月4日、畳制作のユーチューブ撮影のため、弊社が日頃から畳工事でお世話になっている「前田畳製作所」様へ取材に伺いました。
午前は三木市の工場にて「畳の床縫い、表縫い」の制作工程を見学しました。最初に、昔ながらの藁(ワラ)床の畳と、現在多く使われている発砲スチロールを使用した「スタイロ畳」の違いを教えて頂きました。
工場では、床縫いから表縫いまで一連の作業を見学。機械だけでなく、手作業もあり一枚一枚丁寧に制作されていました。最後に畳の縁(へり)を機械で縫い付けて完成です。


午後からは、西宮のギャラリーにて、職人さんの手による畳の「手作り工程」を見学しました。
大きな包丁のような道具で畳床を切り、大きな待ち針、特殊な針と糸を使い、とても厚い畳床を「ぶすっ」と突き刺すように、畳表を縫っていかれます。大きな針で力を入れて縫う作業は大変なことで、熟練の職人さんしか出来ない「匠技」でした。今はほとんど機械作業とのことでした。

このような畳職人さんの数も減り、また畳表の部分(い草)は熊本の八代から仕入れられているそうですが、そちらも高齢化が進み減り続けているそうで、伝統技術の継承には課題も多いと感じました。

畳は調湿効果があり四季がある日本の気候風土に合っています。自然素材のい草にはリラックス効果があり心地よさを提供してくれる素晴らしい日本の文化です。

弊社では、今回のユーチューブプロジェクトを通して日本の伝統的な職人さんの技術、文化をお伝え出来るよう今後も頑張っていきたいと思います。
今回お世話になりました前田社長、スタッフの皆様ありがとうございました。


-関連ページ-

ユーチューブ撮影紀行~紀州木材編~


ユーチューブ撮影紀行~瓦製造工場を見学して~【木心通信Vol.126】


書いた人 総務部 来住亜希子

prev

next

Pagetop
pageside pageside
page top