Ki.Go.Ko.Roブログ

Ki.Go.Ko.Roブログ

宝塚モデルハウス「木心」のメンテナンス


 前回お知らせの通り、今年築9年を迎える宝塚モデルハウスは、この夏二週間程の日程でリニューアル工事を行いました。
足場を組み外部の作業が主なものでしたが、室内は、障子と一部和紙の張り替え、手すりの塗装などの補修をいたしました。



 このモデルハウスは、住宅地で南東の角地にあり、三方が公道や私道に面しています。雨風日差しをもろに受ける環境ですが、深い軒に守られて左官壁の外壁は傷みもなくメンテナンスは不要でした。
外壁の板の部分は、9年の経年変化で板の塗装の色あせと一部に反りが見られましたので、張り替えを行いました。
一番驚いたのは、古い板をはがした状態の下地がとても綺麗だったことです。思わず、これも新しくしたんですか、と大工さんに聞いてしまった程でした。板に経年変化は見られても、その内部は真っさらの様でした。


 新しい杉板は、あらかじめオスモカラーが塗られていて、それを大工さんが一枚一枚張っていきます。オスモカラーは木の風合いを損なわず木を保護しますので、杉の木目が生きています。
以前のダークグレーから、今回はダークブラウンへとお色直しです。いかがでしょうか。9年を経たシルバーっぽい板の色合いもカッコ良かったよね、というお声もあり、木の魅力は奥深いです。



 板の張り替えの他は、軒天の杉板、鼻隠しや破風板の洗いと塗装、板張り替えに伴うシーリング、外構の板塀の塗装、薪ストーブの煙突掃除などでした。


外部の経年変化は、その立地条件に大きく左右されますので、何年でどれ程のメンテナンスが必要となってくるかは一様ではありませんが、参考にしていただける点も多いかと思います。実際の仕上がりを是非ご覧ください。


宝塚モデルハウスページ
お問い合わせはこちら


書いた人宝塚モデルハウススタッフ

最近の記事

宝塚モデルハウス「木心」のメンテナンス


 前回お知らせの通り、今年築9年を迎える宝塚モデルハウスは、この夏二週間程の日程でリニューアル工事を行いました。
足場を組み外部の作業が主なものでしたが、室内は、障子と一部和紙の張り替え、手すりの塗装などの補修をいたしました。



 このモデルハウスは、住宅地で南東の角地にあり、三方が公道や私道に面しています。雨風日差しをもろに受ける環境ですが、深い軒に守られて左官壁の外壁は傷みもなくメンテナンスは不要でした。
外壁の板の部分は、9年の経年変化で板の塗装の色あせと一部に反りが見られましたので、張り替えを行いました。
一番驚いたのは、古い板をはがした状態の下地がとても綺麗だったことです。思わず、これも新しくしたんですか、と大工さんに聞いてしまった程でした。板に経年変化は見られても、その内部は真っさらの様でした。


 新しい杉板は、あらかじめオスモカラーが塗られていて、それを大工さんが一枚一枚張っていきます。オスモカラーは木の風合いを損なわず木を保護しますので、杉の木目が生きています。
以前のダークグレーから、今回はダークブラウンへとお色直しです。いかがでしょうか。9年を経たシルバーっぽい板の色合いもカッコ良かったよね、というお声もあり、木の魅力は奥深いです。



 板の張り替えの他は、軒天の杉板、鼻隠しや破風板の洗いと塗装、板張り替えに伴うシーリング、外構の板塀の塗装、薪ストーブの煙突掃除などでした。


外部の経年変化は、その立地条件に大きく左右されますので、何年でどれ程のメンテナンスが必要となってくるかは一様ではありませんが、参考にしていただける点も多いかと思います。実際の仕上がりを是非ご覧ください。


宝塚モデルハウスページ
お問い合わせはこちら


書いた人 宝塚モデルハウススタッフ

prev

next

Pagetop
page top