オーガニックハウス

2019年1月、三田市にオープン予定の三田の新しいモデルハウスは、フランク・ロイド・ライトの初期の作風「プレイリースタイル」の系譜を受け継いでいます。
プレイリーとは、アメリカの大草原のことで、大地にくっつくような横長のフォルムと、水平を強調したラインが印象的です。
この時期のライトは主に富裕層向けの住宅をてがけており、高級感があるのもまた特徴です。
モデルハウスはイリノイ州に実在する「ハートレーハウス」をリモデルしました。遠くからでも重厚感を感じるインパクトがある一方で、どこか自然と一体感がある建築です。その存在感を再現しています。

北面から見るとプレイリースタイルらしいシンプルな寄棟の大屋根や長方形の開口部というフォルムです。タイルの色合いや梁型でも「ハートレーハウス」の意匠を受け継いでいますが、目を惹くのはアーチのエントランスです。強調された直線と対照的な分、アールはより優雅に感じられます。そもそもこの装飾はシカゴでのアーツアンドクラフト運動の旗手でもあったライトの師匠、ルイス・サリヴァンの好んだところで、まさに芸術的なアクセントを住まいに与えてくれます。
南~西面は二段天井に天窓というライトらしいアイデアが盛り込まれていて、外からの陽光を取り込むとともに、内から外への解放感に満ち溢れています。リビングのマントルピースは実際に使用できますが、煙が出ずに空気はクリアです。
自然素材を用いた内装は、健康的で吸湿性も高く湿度の高い夏でも快適に過ごせます。
広い敷地に合わせたゆとりあるプランニングで、2階は居室のほかサブリビングも用意していて、2世帯住宅としても暮らしやすそうです。
また、ビルトインガレージの採用や正面から生活スペースが見えないプランなどプライバー保護にも心を砕いています。
スマートハウス機能も充実し、伝統と最新とが融合し、流行を超越した住まいの提案となっています。是非一度ご来場ください。(三田市けやき台4丁目)

Pagetop