薪ストーブのあるおおらかな暮らし。家族を包む大屋根の家



リビングとスタディコーナーを吹き抜けで結ぶことにより
大屋根のつくる一体感を感じることが出来る住まい。
水平に引き締める庇と窓手擦りが特徴の外観デザイン











玄関から薪ストーブのある土間へと繋がります。
格子越しに薪ストーブのシルエットが見えるのも素敵です



























土間とダイニングを仕切っている障子をオープンにすると開放的な空間に。
薪ストーブの炎と共に家族団らんの時を優しく包んでくれます。

障子越しの揺らめく薪ストーブの炎を楽しむのもまた良いですね











オープンなキッチンは家族との会話も充実します














吹き抜けがある事で明るくオープンなリビングに。

梁を見せる事でアクセントにもなり、
より一層木のぬくもりが感じられます。
お庭の緑と木と漆喰の自然素材が調和し、
気持ちの良い空間です。
































薪ストーブのぬくもりを感じながら自由に使える空間。
読書やお子様の勉強スペース等多機能スペースです。
1階リビングと繋がっているので
家族の気配も感じられ安心です。


























勾配天井で広々とした寝室。
障子を開けると1階リビングと繋がっています。

1階からの薪ストーブのぬくもりが
寝室にも届き、安らげる寝室です。























Pagetop