薪ストーブを囲み、自然と家族が集まる平屋の家



内観・外観共に和モダンのデザインにこだわり
薪ストーブ・丸太梁・サークル窓・漆和紙・木製面格子等を効果的に配置し
重厚感を醸し出す平屋の家。
お施主様のこだわりがふんだんに盛り込まれた、家族皆が住みやすいお住まいになっています。











玄関を開けると広々とした畳が敷かれたホール。
玄関とは思えない落ち着きのある空間です。







玄関からは2方向に動線が分かれており
玄関収納からリビングへ、もう一方は来客時、
直接和室へと繋がるようになっています



















梁、垂木、そして和室の障子が大空間に落ち着いた雰囲気をもたらしてくれます。
お部屋の中心には当初から決めていたという薪ストーブを。
お部屋全体を温めてくれ、自然と家族が集まる空間になっています。












広々としたLDKには立派な太鼓梁。
台持ち継ぎという伝統的な継手を用いています。
さらに垂木を見せる事でより和の雰囲気が感じられます。
広い空間の中にもアクセントをもたせています。


























漆和紙を貼った床の間や雪見障子などを備えた本格的な和室。
玄関から直接和室へと繋がっており、来客があっても
プライベートな場所を通らずにお招きできます。












広々とした造作の洗面化粧台
2つのボールに大きな鏡、壁面の棚等
使いやすいよう作られています





























将来間仕切られるように作られている子供室。
用途に合わせて使い方を変えられるように考えられています。















Pagetop