2019/02/03

フランク・ロイド・ライトのステンドグラス

ライトがデザインしたステンドグラスですが、曲線が使われたパネルは、殆ど存在しないそうです。定規やコンパスで描けるような正円などの幾何学図形のみで自由曲線は一切出てきていないようです。
これは一説によるとよると、師サリヴァンが自由曲線の達人であり、それを避け、用器画(定規・分度器・コンパスなどの製図器具を使用して幾何学的に描く技法)に徹したためと言われているそうです。
また直線がメインの建築には、直線を用いたデザインが良く調和する、との考えもあるそうです。
ライトの作品では初期の建築にはよく使わらていましたが、後期になると全く使わなくなりました。三田モデルハウスはライトの初期の作品「ハートレイ邸」を参考に建てた家ですので、ステンドグラスがたくさあり、まるで絵画のように美しさと存在感をだしております。

書いた人沖 陽造
最近の記事
アーカイブ
Pagetop